【美肌をGET】スキンケアに欠かせない成分を紹介

ニュース一覧

年齢にあった化粧品選び

女性

年代別で肌が違う

基本的に年齢によって肌の状態は違います。10代のときは何もしなくても皮脂がたっぷりあり、張りもつやもありますしかし、30代を過ぎると皮脂が少なくなって肌に張りがなくなります。市販されている基礎化粧品はある程度ターゲットとなる年齢層が決まっているので、自分の年齢にあったものを選ぶことが基本です。10代の肌の悩みで多いのが思春期ニキビです。ニキビは皮脂分泌が活発になるとできやすい肌トラブルです。そのため、10代でニキビができやすい人には、過剰な皮脂を抑える効果がある化粧品でスキンケアをするのがお勧めです。また、ニキビは肌を不潔にしていることでもできやすいので、スキンケアを丁寧にすることや髪が肌にかからないようにすることも大切です。20代後半になるとお肌の曲がり角になります。20代でできるニキビは、古い角質やストレスが主な原因です。ターンオーバーが乱れると古い角質が取れにくくなります。古い角質は大人ニキビだけではなく、しわやシミの原因にもなります。そうした肌トラブルが気になるなら、新陳代謝を高める作用がある基礎化粧品でスキンケアをするのがお勧めです。30代になるとほうれい線などのたるみが出来てくるので、アンチエイジングを目的にスキンケアをしたいところです。アンチエイジング用の基礎化粧品にはリフトアップ成分などが配合されていて、加齢によって減少したコラーゲンなどの弾力成分の生成を促進することができます。

Copyright© 2018 【美肌をGET】スキンケアに欠かせない成分を紹介 All Rights Reserved.